AGA治療するなら普段の食生活も気を付けるべき

AGA治療に励むのであれば日頃の食生活にも目を向けねばいけません。

ファストフードやコンビニ弁当ばかりでは脂質を摂り過ぎてしまったり塩分過多による血行不良の恐れも。

日常から髪の毛の素となるタンパク質やビタミンを多く摂りことを意識し亜鉛も摂取し抜け毛や白髪を予防しましょう。

タンパク質はタマゴや乳製品などに多く含まれていて亜鉛はレバーに多く含まれています。

また、緑茶には血圧の上昇を抑えてくれるばかりでなくリラックスさせてくれる効果もあるのでストレスの軽減にも有効です。

インターネットでAGA治療内容について調べてみたら画像付きの経過報告をしているサイトを見つけることができます。

多くの場合で、治療を始めてからから3ヶ月程度で効果が出始めるようで、定期的に経過写真を上げてくれているのでAGA治療の成果がよくわかります。

中にはうさんくさいサイトもありますが経過だけでなく、費用や薬を紹介してくれているサイトもあるので非常に参考になります。

AGA治療を開始すると初期脱毛など特有の症状が副作用として現れる場合があるので、実際の体験談が記載されていると心強いですね。

AGA治療に関するサイトは、特にアクセス数が多いようでそれだけ薄毛に悩んでいる男性が多いという事かもしれません。

AGAは男性ホルモンにより発症しますが生活習慣や食生活にも大きく影響されるということをご存知でしたか?人間の身体というものは血液の循環によって酸素や栄養が運ばれるので健康な身体を維持するには血流が重要となります。

髪の毛に必要な栄養も血流によって運ばれますからAGA治療をしている人はまず、血流を良くするよう心がけましょう。

運動不足やストレスは血管を収縮させるので薄毛治療には大敵ですが喫煙によるニコチンの摂取は血管を収縮させてしまうため薄毛治療の妨げとなってしまいます。

頭皮が固かったりうっ血している人は頭皮マッサージがおすすめです。

AGA治療のCMに起用された最初の芸能人は芸人さんの爆笑問題でした。

「お医者さんに相談だ~」という歌はAGAの暗いイメージを吹き飛ばしてくれました。

このCMによってAGAのイメージが改善されたおかげでAGA治療も一般的になりAGA治療をしていると公言している芸能人の方もたくさんいますよね。

俳優さんや歌手の方も育毛剤のCMに起用されることも増え、AGA治療に踏み出しやすくなったと思います。

最近ではフサフサな芸能人がCMに起用されているので違和感がありますが薄毛の人が起用されると、効果を疑ってしまうのかもしれませんね。

AGAは遺伝が影響して発症するので個人の体質に大きく左右されます。

AGA治療というのは対症療法にすぎませんので根本的に完治はありません。

そのため、AGA治療をストップしてしまうと再び進行しはじめてしまいます。

しかし、AGA治療にも副作用の恐れがありますから一生使うというのも心配がありますし、費用もばかになりません。

ですから、ある程度の所まで発毛して薄毛が改善したらAGA治療を途中でやめるのも良い方法だと思います。

AGA治療薬のプロペシアにはAGA治療に有効とされる貴重な薬です。

しかし、いかに優れた薬であっても副作用があるのでプロペシアを使う前にどんな副作用があるのかを知っておきたいところです。

プロペシアの副作用で最も気になるものは肝機能障害ですが肝機能障害の有無は血液検査をすることで調べることができますから使用前後の変化を確認することが大切です。

又、プロペシアというのは元来前立腺がんの治療薬として使われているものですので前立腺がんの検査数値に変化がみられる場合もあります。

他には男性でも乳癌を発症したりアレルギーやうつの発症なども危惧されています。

できるだけ安くAGA治療をしたいのなら医薬部外品を使うのが良いと思います。

ミノキシジル配合の育毛剤は種類が多く薬剤師がいるドラッグストアなら処方箋なしで買う事ができます。

内服用ミノキシジルも個人輸入なら入手が可能ですが安全面で疑問がありますのでお勧めできません。

ミノキシジルの育毛効果は頭皮の血行改善によるものなので保険が使える医薬品で同様の効果があれば代用する事も可能です。

日常生活を規則正しく送り刺激物や香辛料を控えることもAGA治療には有効です。

AGA治療で使われるフィナステリドやプロペシアには初期脱毛(副作用の1つ)を誘発する場合があります。

薄毛治療をしているのに毛が抜けるなんて薬が合っていないのではないかと不安になってしまいますね。

しかし、初期脱毛を発症するという事は薬が効き始めている証拠なので心配する必要は全くありません。

初期脱毛で抜ける毛というは細く弱い不健康な髪の毛のためそれらが抜けた後、健康な髪の毛が生えてくるようになります。

初期脱毛はAGA治療を開始してから1から2ヶ月の間に発症すると言われミノキシジルを使用した場合でも一旦不健康な毛が抜け落ちるという副作用が起こります。

AGAの治療をやってみたいと思っている方は市販の育毛剤を使うよりもまずは皮膚科の医師に診ててもらうことをおすすめします。

皮膚科で処方される薬は医薬品になりますので市販されている医薬部外品よりも高い効果が期待されます。

処方薬は保険が適用されないため市販薬より高くなってしまいますが効果の薄い育毛剤を使い続けるよりは確実に結果を期待できます。

又、薬だけに頼らずに日々の生活でも頭皮ケアを行うことで一層、効果があがるのでおすすめです。

規則正しい生活を意識してストレスを溜めないことや食生活を見直してみるのも効果的です。

AGAはDHTと呼ばれる男性ホルモンの影響で髪の毛の成長が阻害されることにより発症します。

AGAになってしまうと髪の毛が十分に成長しきる前に脱毛してしまうため髪質が細くなり短い髪の毛ばかりが残り薄毛が目立ってくるのですAGA治療はプロペシアと呼ばれる飲み薬を服用しDHTの生成を抑えることで薄毛治療を進めていきます。

内服薬以外にはミノキシジルを含んだ外用薬で頭皮の血行を促進し活性化させるといった治療法もあります。

2つの方法で治療することも可能ですが健康保険適用外のため費用がかかってしまうのが難点です。

AGA治療に興味があるけど何科を受診すれば良いのか分からないという人はいませんか?AGAを治療するには基本的には投薬治療がメインとなりますので内科か皮膚科であればプロペシアを処方してもらえるでしょう。

しかし、プロペシアの処方を行っていないクリニックもありますので受診の前にホームページなどで確認をしたほうが確実です。

又、一般病院の皮膚科医や内科医というのはAGA治療が専門というわけではありませんのでAGA専門のクリニックを受診した方が間違いはありません。

中には、調剤薬局で買うよりずっと安い価格で薬をで処方してくれるところもありますしメソセラピー治療も受けられるクリニックもありますので、せっかくAGA治療をするのであれば専門クリニックのほうが断然おすすめです。

AGA治療は健康保険適用外の治療なので治療費は全て自己負担になります。

飲み薬のプロペシアは医師の処方箋が必要なので診察料は1回、3000円ほどかかることになります。

加えて、プロペシア1錠が250円(万有製薬公式価格)しますから診察料と薬代で、1か月1万円以上の費用がかかる計算になります。

ミノキシジルは市販薬でも配合されていますので薬剤師がいるドラッグストアなら問題なく買う事ができます。

ミノキシジルを5%も配合している育毛剤にはリアップX5がありますがプロペシアと同額程度の高価格な出費になります。

AGA治療に有効な薬には内服薬のプロペシアやミノキシジルを含んだ塗り薬が使われます。

医薬品であるプロペシアは医師の診察を受けて処方箋を発行してもらわなければ買う事ができません。

ミノキシジル配合の育毛剤は医師の診察は不要なので薬剤師がいる薬局やドラッグストアで買う事ができます。

ミノキシジルには飲むタイプもありますが国内でAGA治療薬として認められているのは塗り薬だけです。

ミノキシジル内服薬は個人輸入が可能ですが品質や安全面を考えると決してお勧めすることはできません。

AGAは遺伝により発症しますから完全に治るものではありません。

AGAを発症するか否かは個人の体質によって決まる為遺伝子治療をしない限りはAGAは完治しません。

ですから、AGA治療を中止すると残念ながら、抜毛や薄毛は再開します。

そうは言っても、AGA治療薬のミノキシジルやプロペシアは医薬品なので副作用が心配ですから、一生使い続けるのはやめるべきだと思います。

飲み薬であるプロペシアは男性ホルモンを抑える薬ですから子作りなどのタイミングがやめどきだと思います。

AGA治療薬として有名なプロペシアは処方箋がなければ買うことができません。

市販薬とは異なるのでドラッグストアでは取り扱いがなく保険がきかないので価格が高いことがデメリットでした。

近年では、プロペシアのジェネリック医薬品が販売され始めたのでAGA治療開始当初の半額以下で入手することが可能になりました。

ジェネリック医薬品とは特許期間を過ぎてから開発される医薬品で先発医薬品と同じ医薬成分を使って別の医薬品メーカーが作る薬のことです。

安全性や有効性は先発医薬品で認められていますから通常20~25年程度かかる開発期間が3年程度に短縮できるメリットがあります。

引用:若ハゲ治療におすすめ!駅近で費用の安いAGA治療の病院なら